« 二重まぶた埋没法のよいところ | トップページ | ドルコスト平均法ってなんのこっちゃ? »

2012年10月 1日 (月)

あがり症と赤面症について

こんにちわですー、皆様、元気にお過ごしですか?



あがり症で悩むあなた。



いざというときにあがってしまいすごく困っているのに、意外と、周囲の反応がそれ程深刻ではなく、そんなに気にすることないよと軽く流されてしまいて悲しい思いをしたことはないでしょうか?



あがり症は当人がすごく悩んで困っているのに対し周りの人はそんなに心配してくれないという事がよくあります。



しかし、あがってしまい、人前でうまく話せなかったり、顔が赤くなってしまったり、どもってしまうあがり症は当人にとっては非常に大きな悩みです。



あがり症である為に人生のさまざまなできごとに対して不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)を抱いてしまっている方も多いはず。



あがり症の人によくあらわれる症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)に赤面症があるみたいです。



人前にでると顔が赤くなってしまう赤面症(周囲につらさが理解されにくい症状の一つでしょう)は、他人が思っている以上に本人にとって大きな悩みの種になっているのケースもあるらしいです。



あがり症で赤面してしまう人は、なんとも思っていない異性の前で顔が赤くなってしまって、好意を持っていると勘違いされて困ったり、人の前にでると顔が赤くなってしまうため人前に出るとうつむいてしまったり、顔が赤くなることでからかわれて人と接するのが怖くなった人もいるものです。



あがり症で顔が赤くなってしまう人は、耳が赤くなる人もいれば、顔全体が赤くなる人、顔全体から首まで赤くなる人などさまざまです。



あがり症で赤面してしまう人はそのほかのあがり症の症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるように頑張ってみるといいかもしれません)と同じで、人に変に思われるのではないか、相手に好意を持ってると思われるのではないかと不安になったり、心配したりすることなどが大きな要因のだそうです。



また、赤面症になる人は感受性が強く、人のちょっとした事で傷つきいたり気にしたりする人が多いようです。



赤面症(あがり症の症状の一種で、その名の通り、人前で顔が赤くなってしまいます)解消するには他のあがり症と同じで、人からどう見られているか気にしすぎないことが重要なのです。



人の性格(人や動物の性質を表わす言葉です)はすぐに治すことは出来ないものの、常にいろんなことを気にし過ぎないようにする事により、段々と変えていくことができます。



ちょっと変なことをしても、失敗してもあなたが気にしているほど周囲の人は気にしていません。



また、人の意見はその状況やその人の性格などによってさまざまです。



あがり症や赤面症を克服するためには相手のことばかり気にして自分を失うのではなく、自分を信じてそして自分を認め優しく包むことが大切です。



もしあなたの性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)や意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)を変えていこうと思っても自分一人の力だけでは難しかったり、友人に相談出来ないという人は心療内科に行ってあがり症や赤面症のカウンセリング(たくさんの民間資格が存在するため、場合によっては相談するのに値しないような人がカウンセラーを名乗っていることもあるでしょう)を受けるのもひとつの方法になります。





きょうのおすすめホームページの御紹介です♪

腎臓病を予防しましょう!

手汗汗かき心配性

結菜のつぶやき〜目のくま関連〜





てなわけで、今日はおしまい!!!






« 二重まぶた埋没法のよいところ | トップページ | ドルコスト平均法ってなんのこっちゃ? »