« すそわきがかもしれない | トップページ | 脂肪細胞がセルライトのできる原因 »

2012年10月 7日 (日)

バレエコンクールですか?

おっはー!今日もご訪問ありがとうございます。



現在はバレエコンクールの花盛りと言われるほど、様々なコンクールが国内で開催されています。



教室に通っていると、コンクールに出る事を勧められる機会も増えていらっしゃるかもしれませんね。



プロを目指している訳ではないけれど、今の自分がどこまで踊れるのかを知る良い機会になると考えて、コンクールに出場する人も多いのではないでしょうか。



それとは反対に、プロを目指していて、海外の有名なバレエスクール(講師との相性によって、上達、習得の度合いも違ってくるものです)に留学(語学留学だけでなく、ワーキングホリデーやおけいこ留学、親子留学、国内留学など、色々なスタイルがあります)するための足がかりとして、国内のコンクールに出る学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)にとっては、コンクールでの成功、失敗はとても大きな問題と思いますよ。



コンクール当日に失敗しない為には、普段の圧倒的な練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)量と、練習をこなした時間による確固たる自信が必要であるのは言うまでもないでしょう。



皆、最高に緊張した中で踊っていますからす。



普段の練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)通りに踊るだけでも大変なはずです。



とにかくよい指導者の下で、練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)を重ねるしかありません。



そして、自信に裏付けされた心の余裕を持てれば言うことがありませんね。



また、しっかりとした筋肉と持久力をつけるためのトレーニングも重要でしょう。



踊りの才能があっても、最後まで全力で踊りきれないダンサーや、後半に疲れが見えてしまうダンサーはせっかくの才能を活かしきれません。



それに、ちょっとした失敗からすぐに立ちなおる精神力も大切なんですね。



1つの失敗を最後まで引きずってしまうと、本来の自分のバレエができないままに終わってしまいます。



筋力(使わないとあっという間に衰えてしまいます。



風邪でしばらく寝込んだり、入院したりすると、実感するかもしれません)、持久力(全身持久力、局所持久力などに分けることができます)、精神力。



これらを鍛えることが、コンクールで失敗しないコツと言えるのかも知れません。



このホームページいいかも!!

肌のたるみにさからう日記帳

不妊症の改善方法について

野球のピッチングとバッティングのコツ

不妊症の原因と対策





てなわけで、さあご飯食べよ〜っと。






« すそわきがかもしれない | トップページ | 脂肪細胞がセルライトのできる原因 »