« メンズエステの話題ですよ | トップページ | あがり症と赤面症について »

2012年9月30日 (日)

二重まぶた埋没法のよいところ

( ゜д゜)ノ こんばんわー、今日もご訪問感謝いたします。



二重まぶたを作り直したい時は、一旦糸を抜いてから、新しい二重のラインを決めて、再び埋没法手術を受けることが出来るでしょう。



また、跡もほとんど残りません。



筋肉とまぶたを、ごくわずかだけくっつけるというものです。



手術をする皮膚(女性に限らず、どなたでもキレイでありたいと思うものですね)の部分は血管が多く、また、粘膜は非常にデリケートな部位です。



二重のラインを作った糸を再び取り出すことで、一度つけた二重を元に戻す事も出来ます。



少し前まで、まぶたを二重にする整形手術の主流は切開法と呼ばれる方法でした。



個人差もあるんですが、手術の次の日からごく普通に学校や会社へ行くことができます。



この為、最近の埋没法では目に負担がかからないように、筋肉と皮膚(年をとるにつれて、トラブルが起こることも多くなります。



また、新陳代謝のスピードも低下してしまうものですよね)のほんの一部のみを糸でつなげます。



ごく小さな穴を開けて糸を抜くので、腫れなどは少なく済みます。



埋没法の内容も何通りかあるのですが、最新の方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)では糸が皮膚の中に完全に埋まって全く見えありません。



化粧や洗顔なんかも、一般的な場合では翌日から通常通りにできます。



メスを使用し、まぶたの一部を切開して縫い合わせる方法になります。



術後に通院も必要ないですし、抜糸(普通は絹糸を使って縫合しますが、最近は吸収糸を使う病院も増えているそうです)もないのです。



施術にかける時間はわずか数分といった所もある為、昼休みに済ませてしまえる程度です。



埋没法を使っての手術は、手術時間も短く術後の回復が早いので、軽い気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)で受ける事が出来るはずです。



二重まぶた埋没法なら、知人や身近な人に気づかれないままにちょっとしたスケジュールの調整で手術を受けることができます。



目に傷がつかないか心配になるかもしれませんが、糸を通す場所は筋肉と皮膚の一部だけです。



おすすめサイト!

忍びよる腎臓病

21世紀の国民病の肝臓病





ではでは、今日のところはこのへんに、ありがとう!






« メンズエステの話題ですよ | トップページ | あがり症と赤面症について »